咽頭がんの症状|池袋クリニックで安心のできるがん治療をする

咽頭がんは様々な症状があります

ロゴ

咽頭がんの症状

ハートを調べる人

咽頭がんの初期症状を知る

咽頭がんは初期症状が分かりにくく発見が遅れることが多いです。また、症状がでた時にはがんはかなり進行しています。しかし、症状を知っていれば発見を少しでも早めることができます。咽頭がんが発生する咽頭は、食べ物が通る器官なのでがんができると、食べ物が飲み込みにくくなり食べ物がつかえるといった症状が代表的になっています。これらの症状は、咽頭がん全体に見られる症状と言えるでしょう。

上咽頭がんの症状

咽頭の上部にある上咽頭にがんができると頸部のリンパ節が腫れてきます。この腫れは、上咽頭がんの頸部リンパ節転移が原因となっています。また、ほとんどの場合は耳の斜め後ろに存在する副神経リンパ節が腫れてくるのです。しかし、咽頭がんが進行するにつれて別の箇所の頸部リンパ節にも腫れがでてくるでしょう。この上咽頭がんによるリンパ節への転移は多くみられます。転移が多くなることが影響して、上咽頭の近くにある聴覚や視力に関わる神経や器官が正常に働かなくなります。そうなると、難聴や耳鳴りや視力が落ちるなどの視力障害が起こるのです。

中咽頭がんの症状

咽頭の中部である中咽頭にがんができた場合には、咽頭がん全体の症状と同様に食べ物を飲み込むときに痛むなどの違和感があります。そして、がんが進行すると痛みが酷くなり食べ物を飲み込むことでさえ困難になります。また、稀にがんによる症状がほとんどなく、頸部リンパ節に転移した時に起きる腫れだけが起きるという場合があるでしょう。この他に、中咽頭には扁桃腺があります。その扁桃腺ががんの影響で炎症を起こします。このように、中咽頭がんは症状が非常に分かりにくいです。その為、少しでも違和感を感じれば池袋クリニックに行き診てもらうようにしましょう。がんを扱っているクリニックなので、力になってくれます。

下咽頭がんの症状

咽頭の下部にある下咽頭にがんが発生すると下咽頭がんと呼ばれます。下咽頭がんは中咽頭がんと同じで目立った症状がなくがんが進行しないと症状がでません。また、下咽頭がん発見された時には、既に喉頭に浸潤していたり頸部のリンパ節に転移しているパターンが多いです。さらに、がんが進行すると、食べ物を飲み込む際に何か異物が引っかかったような違和感や喉が焼け付くような痛みを伴うことがあります。ここまでがんの進行すれば、声がかすれて息がしにくくるといった症状がでてくるでしょう。